人の目

アナボリックステロイドを使っていたころ、歩いていると視線をたくさん感じて、快感に感じていました。

ステロイダーの割には筋肉はそんなにないですが、これ見よがしに見せつけながら歩いていました…恥ずかしい(^^;

それと同時に被害的な思考もありました。

精神的副作用でジムでのトレーニングが辛くなり、トレーニングもステロイドもやめました。

もっとも統合失調症の症状が重かったのが、ステロイドをやめた直後3~4年の間です。

外出することができなくなりました。

コンビニさえも入れなくなりました。常に見られている感じが激しく、緊張がものすごかったです。

お店の中とか狭くて人がたくさんいる空間が恐怖でした。

ステロイドを使っていたころはあれほど目立ちたかったのに、その真逆になりましたね。

外出すると、とにかく周りの人の目が気になりキョロキョロしていました。

友達に当時の僕のことを聞くと、出掛けると挙動不審で、周りの人たちが「この人なに?大丈夫?」みたいな感じで余計に見ていたと言っていました。

自分では当時のこと、あまり覚えていないんですよね。断片的にしか。

ただ辛かったです。

今では普通に出掛けられます。ですが、本屋で立ち読みしていて、隣に人が来ると「お前邪魔だ」と思われていると被害的に思います。

誰かの咳が近くで聞こえたら、僕に対しての咳払いだと思ってしまいます。

歩いていて、肩がぶつかりそうになったら、その人の顔が頭に嫌なイメージとして焼き付くので、

今では自分から避けています。

他人は僕のことを何も思っていないのはわかっているのですが、自己防衛として、

とにかく”他人の敵にならないように”するクセがつきました。

このクセをつけてから、ちょっと出掛けるのが楽になりました。

イライラすることも少なくなりましたね。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。