ステロイド依存からの脱却はつづく

最近ブログ内容がブレていました。友達から指摘をしてもらいました。

獣さんや、イキリさん、高校生ユーザー、諸々ステロイドボディビルダーたちの例をあげて、バカにして「僕は違う」「僕はわかっている」みたいなスタンスになっていました。

慢心でした。

僕はステロイダーであろう方々、獣さんなどのインスタを欠かさずチェックしてバカにしていました。

俺は違う。と。

確かにステロイダーの成り果てはどうなるのか気になります。

ですが、いつの間にか「自分は違う、ステロイドの本質はわかっている」という考えになっていました。

僕はステロイドをやめて8年ほど経ちますが、やっぱりステロイダーを気にしてしまいます。

自分がこうなれなかった、活躍できなかったという後悔はないと思っていても、どこかしらそういう思い、心残りがあるからステロイダーのインスタをチェックしてしまうのかも知れませんね。

ステロイドで活躍できなかったのを、

“ステロイドを使って本質が分かった”というふうに、自分に言い聞かせるように考えがひねくれたのかもしれません。

でも、ステロイドは僕からたくさんのものを奪っていったのは事実です。

精神科の診断書に”ステロイド精神病に係る統合失調症”と書かれ、ステロイドが原因なのは確実です。

まだ僕はステロイドの依存から抜け出せてはいないかもしれません。

アナボリックステロイド依存から脱却すべく戦いは一生続いていくと思います。

アナボリックステロイドをこれから使おうと思っている方、一生リスクと付き合う覚悟があるのか、自分に聞いてみてください。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。