助けてくれた友達

ステロイドを使っていたころに付き合っていた友達はほとんど離れていきました。

でも今も数少ない友達がいます。

ステロイドで統合失調症になりインスリンを多量に打ったり、血管に空気を打ち込んでみたりするとき、

「これから死ぬわ」

「今までありがとう」とか、

心配や迷惑をかけましたが、離れませんでした。
ちなみに自分で「死ぬわ」とかいう奴は死なないので、ほっとけばいいです。本当に死にたい人は僕みたいに薬物で自殺未遂とか、こざかしいことしないと思います(笑)

その友達は、酒、たばこ、バツイチ、ある事情で裁判に出廷経験あり(犯罪者ではない)、親二人とも病院、かさみ続ける病院費に追われ催促される毎日、

それでも、親のために働き、自分のために働き、超絶前向きです。メンタルが鈍いと言ってもいいんでしょうか。

そんな友達、人生の先輩が僕にはいます。

いろいろ話を聞いたり、僕が間違った道を行こうとしたりすると、いろいろとアドバイスしてくれます。

ステロイドをやめれたのも、この友達の影響もあります。

苦難を糧に生かしているために、アドバイスできたり、参考にさせてもらったり、説得力があるんだと思います。

このブログが、

“アナボリックステロイドをやめるべき理由”が説得力のあるようになる為に、ちっぽけな僕ですが、ちょっとでも参考になる記事を書ければ嬉しいなと思います。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。