ロイドレイジで自業自得 椎間板症

アナボリックステロイドを使っていた17歳か18歳頃の出来事。

その日、背中の日でした。

勇んでジムに行って、着替えて、ベントローから始めようと思っていました。

すると、床デッドおよび、ベントロー用のバーベルコーナーが他のトレーニーに使われていました。

今思えば柔軟な考えをもって、パワーラックでも出来たし、他の種目から始めればいいのにと思います。

そのトレーニーの種目が終わるまで待っていました。

イライラしながら、30分くらい待ったでしょうか。

僕はチキン野郎なので、「まだですか?」とか聞けず…

…やっと空いて、イライラをベントローにぶつけました。

ロイドレイジでとにかくムカついていたので、アップもろくにせず、次々とプレートを乱暴に付けていきました。

140kg、フォームもぐちゃぐちゃで反動を使いまくってやっていたら、

バランスを崩し、爪先に重心がかかって、右脚から腰にかけて電気がビリビリっと走りました。

ロイドレイジの弊害発症、椎間板をやられました。

そのあと自宅で2週間ベッドに寝たきり。

病院でMRIを撮ると、椎間板が潰れて椎間板症になっていました。

ヘルニアほど酷いものではなかったのが、唯一の救いです。

ロイドレイジと歪んだ性格が引き起こした怪我、哀れですよね(笑)

今でも常に腰が痛いです。
現在ほどほどに筋トレしているので腰の調子はいいです。

僕ほどのバカはめったにいないと思いますが、こうなる場合もあります(笑)

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。