プロレスの入団テスト

僕は中学二年生のころ、プロレスリングノア、新日本(ワールドプロレスリング)をテレビで観て、プロレスラーになりたいと思いました。

そして当時、インディーサミットDVD付きの週刊ゴングを見たとき衝撃を受ける記事、試合がありました。

大日本プロレスの蛍光灯デスマッチです。
こんなヤバい世界があるんだと、恐怖と感動を覚えました。

僕は早とちりをしやすい子だったので、すぐに影響を受け、額を切ったり、裸で蛍光灯の上に倒れたり、マネしました。

そのまま高校生に成長して、ある選手のマネをして金髪にして、前歯をニッパーで2本折りました。

高校中退して、ジムでトレーニングに専念、途中からステロイドを使用し、

18歳、ジムで、プロレスラーになれる、顔パスならぬ身体パスで受かるとおだてられ、根拠のない自信と共にプロレス団体に履歴書を送りました。

自重トレーニングはほとんどせず、プロレスといえばヒンズースクワットという印象があったので、ヒンズースクワット500回だけ毎日やっていました。

プロレス団体から、
「今度近くで大会があるから、その大会前に体力テストするから」と連絡がありました。

もうこの時点で受かったなと、たかをくくっていました。体力テストなんぞ、根性でなんとかなるだろうと。

体力テスト当日、早めに会場につき待っていると、
S本選手、I東選手、N澤選手、O林選手、A小選手、他団体の選手の方たちが続々と会場入りして、ひとりひとり挨拶していると、

K西選手「履歴書見たよ、なんで前歯折れたの?」

僕「K西選手に憧れて折りました!」

K西選手「やめてよ~、俺練習してて折ったんだからさ~。テストきついと思うけど頑張って」

と、憧れのレスラーに言われド緊張しつつも、嬉しかったのを覚えています。

そして体力テスト。
体力テストの内容はプロレスラーが試合前にやるウォーミングアップでした。

プロレスラー20数人くらいと、ド素人僕ひとりが混じりリングを囲み、ヒンズースクワットから始まりました。

ヒンズースクワット200回楽勝、と思ったのもつかの間、

インターバル無しで、ジャンピングスクワット50回3セット→ランジ50回3セット→ジャンプするやつ→つま先立ちでしゃがんだまま(力士がやるやつ)→脚ガクガク…→他いろいろ

ヒザを伸ばして脚をつっかえて立たないと、崩れ落ちるくらいへろへろでした。

リング内に入り、パートナーに足を持ち上げられプッシュアップ(ナロー→ワイド→ノーマル)

試験官だったS本選手と組んだので、S本選手の足を持つのも重いからしんどいことしんどいこと。

3セット。

まともにこなせれず、

「リングに寝転ぶなおらぁ!」

「前歯どうしたおらぁ!」

「自分で数えろ」

と喝を入れられながら、プッシュアップ中に夢か現実かわからなくなり、僕「これって夢ですか?」

プロレスラー「ダメだ…リングからおろせ…」

リングから転げ落ちたあとは、のたうちまわり、息がまともにできなくて、吸っても吸っても苦しくて死ぬかと思いました。マジで。

僕が倒れて悶えている間も、プロレスラーの方々は腹筋とか背筋、受け身など続けてやっていました。

落ち着いたあと、S本選手から「今の体力でプロレスやったら死んじゃうから。ウエイトトレーニングはあとからでも出来るから、基礎体力をつけてまた受けに来い」と言われました。

帰りに、正直落ちてよかったと思いました。アレを、アレ以上のことを普段練習していると思うとついていける気がしませんでした。

本当にナメすぎていましたね。

ただ、愛のある団体、プロレスラーの人たちだなと思いました。

ちなみにこれで心がポッキリ折れたので、このあとテストは受けていません。

今はいちファンとしてよく観に行っています。プロレスで一番おもしろい団体は大日本プロレスだと思っています。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。