ドーピング目的のインスリン

グリコーゲン補充目的でインスリンを打っていました。

インスリンを打ってプロテインと炭水化物を摂るんですが、低血糖で何回も冷や汗をかき、意識が朦朧となりました。

背中や脚の日は強度が高めなので多めに打つこともありました。

固形の炭水化物摂っても、そもそもの量が足りないのか、水で流し込んでいたので咀嚼が足りず吸収が間に合わないのか、低血糖になることがありました。

一度、低血糖になって、自販機でコーラを買おうと思って財布を見ると60円くらいしか入ってなく、ATMに行こうにも遠い……ヤバい…!となって、

冷や汗だらだら、ぼやける視界、薄れゆく意識、

幸運にも近くに交番があったので駆け込み、救急車を呼んでもらいました。

病院について、血糖値を測られ、ブドウ糖を飲まされました。
意識がはっきり戻って、医者に怒られました。

こういう僕みたいな管理のできない人間は非常に迷惑ですね。とても反省しています。

その後、ステロイド筋トレをやめて、精神を病んでいるとき、自殺にもインスリンを使いました。

僕は根性がないので甘いものを食べまくって生きすがりましたが、精神科の医者にそのことを言ったら「本当に死ぬことがあるからやめてください」と言われました。

インスリンで亡くなったとされるボディビルダーも何人かいますね。

当然、ステロイドでも精神を病み、家族を殺して心中したプロレスラーもいますし。

使っていた当初は思っていませんでしたが、そもそもインスリンとかアナボリックステロイドは病気で必要な人が使うものですね。
それを自分の欲望のために使うなんて、僕は罰当たりなことをしていたんだなと思います。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。