ステロイドをやめたきっかけ

僕の場合、ジムでの筋トレから自然になるべくして、遠ざかっていきました。

アナボリックステロイドによる、うつ的な症状と被害妄想から、”ステロイド筋トレ”が楽しいものだと思えなくなって、辛いことだと思うようになったからです。

それからステロイド類の薬品を所持してはいたのですが、やっぱり捨てるのに勇気が要りました。

これがあれば、短期間でまた前のマッチョだった自分に戻れるという、保険的な意味合いもありました。

筋肉、マッチョでなくてはという強迫観念が少なからず、筋トレをやめたあともありました。

ステロイドを捨てたきっかけは、

スナックにハマったことです(笑)

恋愛経験の少ない僕は、そのスナックの若い女性を好きになりました。

ステロイドを使っていた、精神病になったと、いろいろと包み隠さず、自慢も含め、話しました。引かれていたかも知れませんが(笑)

その女性にどんなアピールをしようかと考え、ステロイドを捨てて、過去の自分を捨てて、前を向こうという姿勢を勝手に見せつけました。

ステロイドのアンプルや、バイアル、すべてハンマーで割って砕き、その様子を写真に撮ってアピールしました。

それがステロイドを捨てた(完全にやめた)きっかけです。強迫観念も吹っ切れました。

ちなみにその女性には丁重にお断りされました(笑)良き思い出です。

僕はこんなことで、やめれました。ステロイドへの未練もありません。

きっかけはどこでも誰にでもあると思います。

筋肉を捨てたわけではありません。自宅でほどほどにウエイトトレーニングやっていますから。

ステロイドをやめても、筋肉を失うわけではありません。
今は1日10分程度しかトレーニングやってませんが、スーパー銭湯で知らない人から「イイ体してるね」と言われるくらいはあります。

昔みたいに、不特定多数の人に「アイツの体ヤベェ」と言われるより、

今、ナチュラルで筋トレして鍛えた筋肉を誉めてもらえたほうが、なんだか満足感があります。

ステロイド使ってた昔は、自分に嘘をついていたというか、後ろめたさが、気づいてはいなくても心のどこかにあったのかなと、今になって思います。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。