ステロイドは悪なのか

今の時点の僕の考えを書いていきます。

ドーピングのためのアナボリックステロイドは違うのかなと思います。

ドーピングというと、スポーツのフェアプレー(公平さ)の問題になってきますが、そこはそれぞれのスポーツ業界によって違うのではないでしょうか。

陸上とかオリンピック競技でのドーピングは厳しく非難され、罰則もあり、ニュースで取り上げられます。
そういう点で、ちゃんと問題に向き合っていますよね。

ボディビル、フィットネス業界はどうでしょうか?団体によってはステロイドを使って当たり前、ドーピングを疑うこと自体がナンセンスですよね。
もちろんナチュラルで努力されているボディビルダーの方々もたくさんいます。

確かにモンスター級のボディビルダーがゴロゴロいる大会では勝つためにステロイドは必須でしょう。

ここで、失礼かもしれませんが、某ユーザーボディビルダーのインスタで動画を見たので素人の僕の感想を言います。

客席から動画を撮影していたみたいですが、

“フツーのスマートな裸でちっちゃいパンツ履いている人ですね。優勝おめでとうございます。”

その方ユーザーです。(日本の大会です。)
確かに写真見ると凄い身体してますが、ステロイド使っても、海外の遠目から見ても異様なシルエットのボディビルダーとは比べ物にならないくらいちっちゃいです。

で、何があったのか事情はわからないですが、そのあとボディビルやめちゃいました。顔が常に赤鬼のように赤黒かったですね。

そういえば僕が教えてもらっていたヘビー級のボディビルダーの方も亡くなる前、顔が異常に赤黒かったです。

僕は他人との勝負に勝ったことない、ダサい奴なので分かりません。ステロイド使っても、リスク背負っても、勝ちたいものなんでしょうか?

ただ、ステロイドのリスクは痛いほど経験したので分かっています。

スポーツそのもの、勝負そのものを批判しているのではなく、ドーピングして勝つ意味って何ですか?

大金もらえるなら分かりますが、ステロイドトロフィーがそんなに欲しいですか?

ステロイド使っていることが名誉ではないし、バレなければいいのか?と疑問に思います。

日本のフィットネス界、現状を見ると、ドーピング取り締まる法律ができない限り、汚い世界になっていくだけではないでしょうか?

もう手遅れですかね。

それでも、僕はちっちゃい狼煙をあげたいと思います。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。