ステロイドの感覚

アナボリックステロイドを使っているときの僕が感じた感覚を書きます。

頭の上に常に重たい石を乗せている感じでした。
トレーニングの勢いは出るのですが、頭が常にズーンと。
前頭部がなんか重いんです。

目はまぶたがちょっと落ちて、視界が暗くなるというか、狭くなる感じでした。
感覚といえば目に膜が張る、死んだ魚のように白く濁った目になる感じですかね。鏡で見ても変わってはないですが、感覚はそんな感じです。

戦闘的に勢いはつくが、決して気持ちいいものではないです。

これらが精神に影響していた正体でしょうか?

あと初めてステロイドを打ったとき、舌の奥から薬の味が口の中に広がりました。
「ついに来てしまった」「ついに使ってしまった」

楽しみと恐怖が入りまじり、自分の中の秩序が崩れた瞬間でもありました。

投稿者: とおる

アナボリックステロイドを使って、副作用で苦しみました。副作用として統合失調症、強迫性障害を発症。アナボリックステロイドのことをあらゆる視点で考える。この経験が仕事に繋がればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。